【医師監修】青汁おすすめ人気ランキング~青汁ちゃんこんにちは~

青汁に豊富なミネラルの効果5選!青汁に含まれるミネラル量はどれほど?

カラダに欠かせないな栄養素のひとつであるミネラル

ところが現代人の多くはミネラルが不足しがちなのが現状です。
身近なミネラル不足の症状に”貧血”があり、貧血対策でミネラルのサプリを飲んでいる人も多いと思います。

しかしバランスよくミネラルを摂るのであれば、青汁がおすすめ
ミネラルだけでなく野菜の栄養がとれるのも魅力です。

今回は青汁とミネラルの関係と、青汁に含まれる5つのミネラルの健康効果を解説します。

- この記事を監修してくれた先生 -

北垣 毅(きたがき たけし)先生

北垣 毅(きたがき たけし)先生

たけしファミリークリニック院長
千葉大学医学部臨床教授

高知大学医学部卒業後、亀田総合病院総合診療科医長や東川口病院総合診療科部長などを経て、現在、たけしファミリークリニックの院長を務める。
「米国家庭医療専門医」や「米国認定救命救急士」などの資格を持ち、幅広い病気に対応する。

青汁に含まれるミネラル量を紹介!

青汁はミネラル補給におすすめのアイテム!

青汁はミネラルが豊富なので、不足しがちなミネラル補給にピッタリ。

日本人のミネラル摂取の現状を表したグラフ

引用:ら・べるびぃ予防医学研究所Blog

上記のグラフは厚生労働省が調査した「日本人の1日のミネラル摂取量」を表したもの。

表から1日に摂取すべきミネラル量(黄色のグラフ)に対して、実際の摂取量(水色と赤色のグラフ)が2割ほど足りていないことがわかります。

しかし青汁を飲むことで不足分をカバーできます。

青汁の主原料である「ケール」に含まれるミネラルがこちら。

ケールの栄養価
(100gあたり)
食品との比較
カルシウム  220㎎ ほうれん草約4倍
鉄分 0.8㎎ アスパラガス約1.2倍
亜鉛 0.3㎎ かぼちゃ約1.5倍
カリウム 420㎎ いんげん約1.8倍
マグネシウム 44㎎ ニラ約2倍

表からわかるように、ケールには普段馴染みのある野菜よりたっぷりミネラルがあります。

これほどのミネル類が1杯で摂れることが、青汁がオススメの理由。
毎日の食事に青汁をとりいれれば、不足分のミネラルをきっちり補給できます。

【ミネラル不足は様々なカラダの不調を呼ぶ!】

ミネラルはカラダの組織に関わるはたらきが多いです。

そのためミネラルが不足すると、

  • 貧血
  • 冷え性
  • 神経の働きが弱まる
  • 骨や筋肉がもろくなる

といったさまざまなリスクにつながります。

すでに上記の不調に悩まされている人は、ミネラル不足の可能性大です。

青汁を飲めばミネラルといっしょに野菜の栄養も補給できる◎

青汁なら野菜の栄養をまとめて摂れる!ミネラルと他の栄養う不足をカバーできる

青汁でミネラルを摂るもう1つのメリットが、ビタミンや食物繊維もまとめて摂れること。

上述でも紹介したケールに含まれる、ビタミンと食物繊維がコチラです。

ケール
(100g)
野菜との比較
βカロテン 2,900μg トマト約5.5倍
ビタミンB1 0.06mg ピーマン約2倍
ビタミンC 81mg レモン約0.8倍
食物繊維 3.7mg キャベツ約2倍

表のとおりケールには「美肌をつくるβカロテンがトマトの5.5倍」「便秘にいい食物繊維がキャベツの2倍」とバツグンの含有量です。

ミネラル不足といっしょに、他の野菜の栄養不足もカバーできるので一石二鳥。

サプリメントなどを復数摂取する必要もありません。

青汁のミネラルに含まれる代表的な健康効果5選!

青汁のミネラル5つと働き
  • カリウム…丈夫な骨や歯をキープする
  • 鉄分…ヘモグロビンを増やす
  • 亜鉛…カラダのさまざまな機能のはたらきを支える
  • カリウム…カラダの余分な塩分を排出
  • マグネシウム…酵素のはたらきを促す

1.【カルシウム】骨や歯の健康だけでなく、筋肉や脳のはたらきも支える!

カルシウムが「骨・歯・筋肉・脳」を支える!カルシウムは日々消費さらえるから補給が不可欠!

丈夫な骨や歯をつくるうえで、カルシウムの補給は欠かせません。

じつはカルシウムは”骨や歯の土台”となる一方で、

といったはたらきがあり、少しずつ体から消費されています。

つまり生きているだけでカルシウムは骨や歯から日々減りつづけているんですね。

青汁の原料であるケールに含まれるカルシウム量は牛乳の約2倍
カルシウムを補給するなら牛乳よりも、ケール青汁がオススメです。

2.【鉄分】貧血改善には欠かせないヘモグロビンを増やしてくれる

鉄分がヘモグロビンを増やして貧血改善

貧血の人は青汁に含まれる鉄分が不可欠です。

ポイントは鉄分のヘモグロビン(※)を増やすはたらき。
※ヘモグロビンとは血中で酸素を運んでくれる成分です。

貧血は血が足りてないのではなく、ヘモグロビンが不足している状態です。
なので、鉄分によってヘモグロビンが増えれば、貧血の改善が期待できます。

また以下のカラダの不調も鉄分の不足によるもの。

これらの不調になやまされている人は青汁で鉄分を摂りましょう。

青汁なら鉄分の吸収率を6倍に上げるビタミンCも一緒に摂れるので、しっかり鉄分を吸収できます。

3.【亜鉛】細胞に栄養を運びカラダの機能を正常にたもつ

亜鉛はカラダの機能を正常にする!

亜鉛カラダ中に栄養を送る運び屋。
野菜から摂ったビタミンなどの栄養が、亜鉛によってカラダ全体の細胞に届けられます。

そのため亜鉛は、

といったあらゆるカラダの機能を正常にたもつために大切な栄養です。

 

そんな亜鉛ですが、加齢によって急激に体内から減ります。

体内の金属濃度の推移

 引用:健康エリートハウス

グラフをみてわかるように、10代を境に体内の亜鉛はドンドン減ります

薄毛」や「風邪が治りにくい」といった年齢によるカラダの衰えを感じるひとは、青汁で亜鉛を補給してみましょう。

4.【カリウム】カラダの余分な塩分を出して、むくみや夏バテを予防◎

マグネシウムが体内の2つの酵素をサポート

カリウムは利尿作用のある成分。
尿の回数をふやして、カラダの余分な塩分を排出する作用がポイントです。

カリウムによって塩分が排出されることで、

といった症状の予防・改善が期待できます。

むくみや高血圧予防に欠かせない青汁のカリウム量がこちら。

100gあたり カリウム含有量
大麦若葉 2200mg
明日葉 540mg
ケール 420mg
ほうれん草 490mg
キャベツ 200mg

表のとおり、青汁の原料である大麦若葉のカリウム量はキャベツの11倍です。

仕事終わりはいつも足がむくんでる」「毎年夏バテでだるい」という人は、青汁のカリウムで対策してください。

5.【マグネシウム】カラダの細胞や食物の消化に関わる酵素をサポート!

マグネシウムが体内の2津の酵素をサポートする

青汁に含まれるマグネシウムは、生命活動の源「酵素」のはたらきを支える成分。

マグネシウムは、

この2つの酵素のはたらきをサポートしています。

そのためマグネシウムが不足すると酵素のはたらきが鈍り、便秘になったり怠惰感の原因になりかねません。

また酵素の働きが鈍ると老けやすくなるので、特に女性は意識して摂りましょう

青汁でミネラルの過剰摂取のリスクは大丈夫?

青汁でミネラルが過剰摂取になることはない

青汁によるミネラルの過剰摂取のリスクは心配いりません

青汁はサプリのように特定のミネラルが凝縮されているわけではないので、1日1~3杯なら問題なし

亜鉛やマグネシウムを摂りすぎると吐き気下痢を引き起こしますが、それでも青汁を100杯以上飲まない限り許容上限に達することはありません。

またミネラル剤との併用もOK
青汁は薬ではなくあくまで健康食品なので、目安量を守っていればミネラル剤と併用しても大丈夫です。

腎臓病の人は青汁の飲み過ぎに注意!

肝臓病の人は青汁のカリウムに注意!

青汁に含まれるカリウムは、腎臓で処理されています。

そのため腎臓病の人がカリウムを摂りすぎると腎臓でカリウムを処理できなくなります

カリウムが処理されないと体にどんどん溜まっていき、高カリウム血症(※)になりかねません
※高カリウム血症とは血中のカリウム濃度が上がり、四肢麻痺・嘔吐などを引き起こす病気です。

腎臓が弱っている人は、青汁を飲む前に医師に相談することをオススメします。

ミネラルを摂るなら、ミネラル農法で作られた『本搾り青汁ベーシック』がおすすめ!

※以下で紹介している商品は医師の監修を元に、当サイトの見解でオススメしている商品です。
本搾り青汁ベーシック パッケージの様子

ミネラル農法で育ったケール100%!

ケール青汁ランキング まとめ

ケール100%なのに苦味が少くて飲みやすい♪

普通の青汁にも十分ミネラルはありますが、ミネラル不足が心配ならファンケルの「本搾り青汁 ベーシック」がおすすめ。

本搾り青汁は上述でミネラルが豊富と紹介したケールを100%つかった青汁です。

さらに原料のケールは、ミネラルたっぷりの土壌で育てる”ミネラル農法”で栽培。

ミネラル農法によって大麦若葉よりも、

といったようにグンッと栄養価が高くなっています。

これほどの高品質青汁が初回たったの780円
1,000円以下なので青汁初心者は1度試してみてください。

本搾り青汁 ベーシックの公式サイトはこちら

青汁とミネラルの関係 まとめ

今回紹介したように、青汁はミネラルが豊富
ケールなどは普段口にする野菜の1.5倍~2倍ものミネラルがありました。

またサプリのように”ミネラルだけ”ではなく、野菜の栄養も摂れるのでバランスよく健康をサポートできます。

上記に当てはまる人は、本記事を参考に青汁でミネラル補給してみてください。

この記事を書いたライター

K・塁

【青汁歴】

4年3ヶ月

【イチオシ青汁】

本絞り青汁 ベーシック、サンスター 健康道場

K・塁

面倒くさがりな性格が高じて、カップ麺ばかりの食生活を送っていたらいつの日か栄養失調 に…。それ以来、知人から青汁を勧められ毎日欠かさず青汁飲んでいます。青汁はとにかく 手軽さが魅力!面倒くさがりやにはとっておきのアイテム!そんな青汁の魅力が1人でも多く の方々に、伝わるよう記事を書いていく所存ございます…。

こだわりポイントで選ぶ青汁ランキング

スポンサーリンク

 - 青汁の効果・効能を徹底解説, 青汁の成分, ,

 関連記事

青汁は夏バテ防止ドリンク!青汁が夏のだるさに効く3つの理由とオススメ青汁も紹介◎
青汁は夏バテ防止ドリンク!青汁が夏のだるさに効く3つの理由とオススメ青汁も紹介◎
[imgJUMP_a href="#6" text="夏バテ予防にピッタリな青汁
PREV
二日酔いの症状には青汁が効果的!?青汁の5つの働きで翌日スッキリ!
NEXT
運動に青汁をプラスしてダイエット効果UP!脂肪燃焼するなら運動前と運動後どっち?