現在の青汁界のトレンド!大麦若葉青汁の凄い効果とは!?

以前まではケールを使用した青汁が青汁界のトレンドでした。

でも、ケールの青汁はもの凄く栄養価は高いものの青臭くて苦みも強い。継続するのが難しかったり、健康のためとはいえ我慢して飲まなければならなかったんですよね。

青汁が出た当初はCMでも「まずい、もう1杯」というフレーズで話題になりましたが、実際は「もう1杯!」とはならなかったわけです。

そんな「青汁=マズイ」というイメージを変えたのが大麦若葉青汁

大麦若葉青汁はケールに勝るとも劣らない栄養価を誇りながらも、青汁独特の苦み・青臭さがはるかに抑えられているのがポイント。そのため「不味いけど健康のために飲む青汁」から「健康に良くて美味しく飲める青汁」へと大衆の意識が変わり、今の青汁ブームが巻き起こったのです。

今回は青汁ブームの火付け役・大麦若葉青汁に期待できる効果についてお伝えしていきます。

大麦若葉に期待できる効果5選!

015b74d0e80101963ee0ddf3578be6da_s

大麦若葉の効果に注目!

大麦若葉に含まれる栄養成分は野菜の中でもトップクラス!そのため非常に多くの健康効果を期待できます。

その様々な効果の中でも、ここでは特に期待できる効果を紹介していきます。皆さんの多くが悩まされていることにも入っているかも!?

ビタミンで新陳代謝アップ!?ダイエットに最適!

皆さんの中にも無理なダイエットをしている方がいるでしょう?1番多いのは過度な食事制限ですね。しかし、それは全くもって正しいダイエット方法ではありません。

というのも、単純に食事を減らしただけでは脂肪は一切減らないから。

c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_s

食事制限、ダメ。絶対。

考えてもみてください。いくら食事量を減らしても、動かなければそれを消費することはできません。ただ脂肪がどんどん体内に溜まっていくだけです。

脂肪を燃焼していないから、食事制限をやめるとすぐにリバウンドしてしまうわけ。一見、外見的に痩せたように見えるのは「栄養不足で筋肉が落ち、やつれただけ」。決して健康的に痩せたわけではありません。

やはり偏った食事をやめて、バランス良く栄養を摂れる食事を心がけることが1番。お肉だけでなく野菜の栄養も取ることで太りにくい体作り、根本的な体質改善が可能になります。

ただ、肥満気味の方はあまり野菜好きではない方がほとんどです。(失礼なことを言って申し訳ありません。)

だから、もし食生活を大きく変えずに、ダイエットに効果のある野菜の栄養を手軽に摂りたければ大麦若葉青汁がオススメ!

大麦若葉に含まれるビタミン類の中でも特に豊富なのがビタミンB群ビタミンC

ビタミンB群とビタミンCは新陳代謝を活発にする効果があります。新陳代謝が活発になることで期待できるのは以下の効果。

  • 脂肪燃焼
  • 体に溜まった老廃物の排出(デトックス効果)

これらの効果が体内に溜まっている脂肪の燃焼を促進するだけでなく、体に不必要な老廃物をスッキリ排出してくれます。つまり、体の内側からスッキリきれいなダイエットが可能に!

食事制限だけの表面的なダイエットではないので、リバウンドしにくいのも青汁ダイエットの嬉しい特徴の1つです。

野菜が苦手だったり、あまり運動をする時間もないという方はぜひ大麦若葉青汁でダイエットをしてみてはいかがでしょうか?食事制限よりもはるかにラクチンで健康的なダイエットができますよ!

豊富な食物繊維で便秘改善!ポッコリお腹とサヨナラ♪

大麦若葉に含まれる成分の中でも特に豊富なのが食物繊維。

なんとその含有量は「約45mg/100g」。野菜でトップクラスの食物繊維含有量を誇るごぼうでも「5.7mg/100g」だということを考えると、大麦若葉の凄さが良く分かると思います。

だから大麦若葉青汁を飲むことは便秘の改善にかなり効果的!腸の働きを活発にし、便通を良くしてくれます。

また、大麦若葉には腸の蠕動運動を活発にするビタミンB1食物繊維の働きをサポートするビタミンCも豊富。そのため余分な野菜を摂らなくても、かなり効率的な便秘改善が可能になっているのです。

 0c123e3be75a7a4fadb3799cd662780c_sお腹が…。早くお腹をスッキリさせたい…。

ちなみに食物繊維は先ほど挙げたごぼうなどの食材でも摂取できますが、便秘を改善するにはかなりの量の食物繊維が必要。分かりやすいように例を挙げましょう。

ごぼうと並んで食物繊維が豊富なことで知られる野菜にキャベツがあります。皆さんは便秘を改善するためにどれだけのキャベツを継続して食べれば良いと思いますか?

「んー。4分の1くらい?」「普通に定食についてくる千切りキャベツくらいじゃないの?」

いいえ、違います。正解は毎日キャベツ半玉以上

正直かなりきつい量だと思います。小食の方だとキャベツだけでお腹いっぱいになってしまうのではないでしょうか。とてもじゃありませんが毎日なんて続けられません。

だからこそ食物繊維を摂るなら、たった1杯で便秘を改善するために必要な食物繊維量をラクラク摂れる大麦若葉青汁がオススメ!

頑固なポッコリお腹に悩まされている方は、大麦若葉青汁を飲めばスッキリお腹に大変身できますよ!

SOD酵素の力で簡単アンチエイジングができるってホント!?

大麦若葉にはSOD酵素(スーパーオキシドディスムターゼ)という成分が含まれています。

「SOD酵素?聞いたことないぞ…」という方も多いと思いますが、実は私たちの体にも存在している成分。SOD酵素は私たちの体内でとある重要な役割を果たしてくれているのです。

その役割が「活性酸素を撃退」すること。

活性酸素は老化の原因となる物質。SOD酵素で撃退しなければ、どんどん体の内側がボロボロになっていきます。また、美容面でも肌がボロボロ、髪のハリツヤがなくなることに…。

38eeae2ae9507cf54301fb914bb03663_s

老化なんて嫌だ!いつまでも若くいたい!

「でも、元から体内にSOD酵素があるなら安心じゃないの?」と思った方もいるでしょう。しかし、そういうわけにもいきません。それならば老化に悩む方は存在するわけないですから。

実は、活性酸素が年齢とともに増殖する一方で、SOD酵素の量は減少してしまいます。だから、歳を取ると一気に老化が進んで体にガタが来るわけ。

この事態を解決するために外からSOD酵素を摂って、再び体内のSOD酵素の量を増やすことがアンチエイジングには必要不可欠。それにピッタリなのが豊富にSOD酵素を含む大麦若葉なのです。

大麦若葉青汁を毎日飲むことで活性酸素を撃退できるようになり、簡単にアンチエイジングが可能になりますよ。

青汁の簡単アンチエイジングで若かりし頃の体を取り戻しましょう!

女性に嬉しい美容効果!大麦若葉はビタミン豊富♪

ダイエット効果のところでも紹介しましたが、大麦若葉はビタミンが豊富。その中でも特に豊富なのがビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEです。

これらのビタミンには美肌効果も認められており、肌荒れが気になる女性の大きな味方となってくれます。

  • ビタミンB群…脂肪の燃焼が良くなり、肌の皮脂量が減少。ニキビや肌荒れ防止に!
  • ビタミンC…美白効果・肌の免疫力アップ・抗酸化作用(肌の老化防止)・コラーゲン生成(肌にハリを与える)
  • ビタミンE…若返りのビタミン。抗酸化作用・血行促進で血色のよい健康なハリツヤ肌に!

例えば上記のような効果を期待することができます。

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

ビタミンで健康的な美肌ゲット♪

もちろんビタミンは食事でも取ることができますが、それぞれのビタミンに特徴があってバランス良く摂るのは大変。例えば、ビタミンCなら火に弱いという特徴があるので、加熱調理するとほとんど摂取できません。

いちいち最適の調理を考えるのは非常に面倒なので、そのまま全てのビタミンを効率的に摂れる大麦若葉青汁がオススメです。

ビタミンの美肌効果についてもっと詳しく知りたい方は「青汁って美肌効果があるの?肌がキレイになるってホント?」をご覧になってください。

妊婦さんの心強い味方・葉酸で健康な妊婦生活を!

d2ffb46f523a1a55d6e7ba933f032135_m

大切な胎児のためにも豊富な栄養が必要な妊婦さん

他の方よりも特に健康意識を強く持たなければならないのが妊婦さん。もし妊婦さんが不健康な生活や食生活を送っていると、お腹の中の胎児に重篤な影響を及ぼしかねませんからね。

妊婦さんにとって必要な栄養素は色々ありますが、その中でも重要度が高いものが葉酸です。葉酸の作用は以下の通り。

  • 遺伝子情報を含むDNAを含む核酸の合成
  • 細胞分裂や増殖の促進
  • 赤血球の生成
  • 造血作用

特に重要なのが造血作用です。胎児は母親の血液から成長するために必要な栄養を吸収します。そのため母親は大量の血液が必要

しっかり造血効果のある成分を摂っていないと、十分な栄養を赤ちゃんに送れないだけでなく、母親自身も貧血気味に…。だから葉酸を摂ることは妊婦さんにとって重要なのです。

もちろんその他の効果も胎児の正常な成長には欠かせない効果ばかり。詳しく知りたい方は「妊婦さんに必要な葉酸!青汁なら簡単・手軽に取れて効果も抜群!」をご覧になってください。

ただし、葉酸を摂るうえで注意しなければならない点が1つあります。それは普通の食材から葉酸を必要量摂ること自体が難しいということ。

妊婦さんが1日に摂るべき葉酸の量は通常の成人女性の倍にもなる440μg

葉酸が豊富なホウレンソウですら100gで210μg。ホウレンソウはだいたい200gで1把なので、最低でも生でホウレンソウを1把食べなければなりません。

e32a78222270520dd3aecfdda381c067_s

これを毎日食べるのはきつい…。

これは普通の人でも結構きつい。妊婦さんは体調に変化が起こりやすいので、もっときついですよね。実際に厚生労働省も食材ではなくサプリメントなどで摂取することを推奨しています。

しかし、あまり葉酸サプリでの摂取はオススメできません。理由は2つ。

  • 葉酸サプリは葉酸を過剰摂取してしまう恐れがある。
  • 妊婦さんには葉酸以外の栄養も重要。

だから葉酸を摂取するなら大麦若葉青汁がオススメ。大麦若葉青汁なら1日に必要な葉酸も1~2杯で摂取できますし、その他の重要な野菜の栄養素も賄えます。

体調が優れず、食欲がない時でも簡単に飲めるのも妊婦さんにとっては嬉しいです。

大麦若葉の効果・まとめ

aojiruchan

ケール青汁が苦手な方は、美味しくて健康効果バッチリの大麦若葉青汁がオススメ♪

 大麦若葉に期待できる効果は様々ですが、特に効果があるのが上で紹介した5つ。皆さんが現在も悩まされている症状もあったのではないでしょうか。

ケール青汁も健康効果はバツグンですが、いかんせん不味くて継続して飲むのが難しい。美味しさと健康効果のどちらも欲しいなら圧倒的に大麦若葉青汁がオススメです!

ぜひ青汁ブームを巻き起こしたほど美味しい大麦青汁の健康効果を体感してみてはいかがでしょうか?

こだわりポイントで選ぶ青汁ランキング

  • 総合トップランキング
  • 青汁ダイエット(便秘解消)ランキング
  • お試し青汁ランキング
  • 成分で選ぶランキング
  • おいしさで選ぶランキング

 - 大麦若葉青汁

  関連記事

4490ceb0a69c40b19e2dc8d0a081a253_s
オススメ大麦若葉青汁ランキング!スッキリ便秘・美容に効果のある青汁はこれだ!

青汁ブームの火付け役であり、現在も青汁界のトレンドである大麦若葉青汁。 現在の主 …