オススメ大麦若葉青汁ランキング!スッキリ便秘・美容に効果のある青汁はこれだ!

おすすめの大麦若葉青汁ランキング
青汁ブームの火付け役であり、現在も青汁界のトレンドである大麦若葉青汁。

現在の主流なだけあり、大麦若葉を主原料とした青汁は多数販売されています。

しかし、ここで1つ問題が出てきました。

「大麦若葉青汁の数が多すぎる!どれが本当に美味しくて、健康に効果があるのか分からない…。」

流行っているいるということは、それだけ商品ごとの個性を見つけづらいということにもつながります。
みなさんもどの青汁を選べば良いのか悩んでいるところではないでしょうか?

そこで今回は悩めるみなさんのために主要な大麦若葉青汁を実際に飲用・調査してランキングを作成しました!

ぜひ大麦若葉青汁を選ぶときの参考になれば幸いです。

大麦若葉青汁選びのポイント3選

aojiruchan

  1. 無農薬で作られた国産の大麦若葉を使用しているかどうか
  2. 毎日「これなら飲める」と思えるくらいのおいしさかどうか
  3. 続けやすいコスパかどうか

質の良い大麦若葉青汁を選ぶうえで重要なのは上記の3ポイントです。これさえ踏まえていれば、少なくとも「いや、この青汁は流石に無理でしょ」というような質の悪い青汁を選ぶことはなくなります。

どのポイントも一見当たり前のように思えますが、現在の青汁界ではありふれた商品になっている大麦若葉青汁だからこそ基本的なポイントを当たり前に抑えることが大切になってくるのです。

【青汁ちゃん厳選】本当に栄養・効果のあるおすすめ大麦若葉ランキング!

大正製薬の大麦若葉青汁【キトサン】

★★★★★

大正製薬の大麦若葉青汁(キトサン)

  • 大正製薬が開発した「コレステロール値を下げる」大麦若葉青汁!
  • もう一つの大正製薬の大麦若葉は「コレステロールを下げる」青汁!キトサンの効果はトクホ取得・大正製薬の実験からも証明されています。
    もちろんそれ以外にも大麦若葉によるたくさんの健康効果も期待できますよ♪
    初月から解約できる定期コースなら、初回1,000円で試すことができるのでオススメです。

■ポイント1

無農薬の国産大麦若葉で安全性は◎!

キトサンに使われている大麦若葉も「完全無農薬の国産大麦若葉」です。

まったく商品の安全性や副作用を気にすることなく、安心して毎日飲むことができます。

原料の安全性に徹底しているのは、人の健康を守ることが目的の製薬会社だからこそでしょう。

■ポイント2

血中コレステロールを減らす「キトサン」配合!トクホ取得済!

大麦若葉と同じで、この商品の目玉になる成分が「キトサン」です。

キトサンは血中のコレステロールを低下させる効果があるんですね。

トクホを取得していることからもわかるように、この効果は国の折り紙付き
「下がったらラッキー」というレベルではありません。

実際に大正製薬がおこなった実験でも、この青汁を飲みつづけた人が4週間後にコレステロール値が下がったという結果が出ています。

コレステロール値を健康診断で指摘された人は、1度試してみるのがオススメです。

■ポイント3

クセのない味わいで誰でもごくごく飲める♪1,000円からお試しOK!

大正製薬の大麦若葉青汁はとてもクセのない味わいになっているのも特徴です。

大麦若葉それ自体でもクセはないのですが、さらに抹茶」を配合することで飲みやすさをプラス

まるで緑茶のようにゴクゴク飲める味わいに仕上がっています。「青汁って青臭そう…。しかも製薬会社がつくってるんでしょ?」という固定観念がぶち壊されることは間違いありません。

また初月から解約できる定期コースなら、1,000円から試せるのでかなりオトクですよ♪

大正製薬の大麦若葉青汁(キトサン)の公式ページはこちら


極の青汁(サントリー)

★★★★

累計1億杯を突破した大人気の大麦若葉青汁!

極の青汁

  • とにかくおいしい!サントリー自慢の大麦若葉青汁!
  • サントリーが販売しているのが「おいしい!」と評判の極の青汁。
  • もちろんおいしいだけでなく、国産大麦若葉と明日葉を使用しているので野菜のチカラもばっちりです。
  • 独自の研究によるケルセチンプラスで野菜のちからの吸収力を高めている工夫も、さすがs難鳥―という感じですね。

■ポイント1

国産大麦若葉を使用!創業110年を超える信頼と実績の安全な青汁!

サントリー極の青汁で使用されている大麦若葉はもちろん国産

サントリーの担当者が直接栽培している現地まで出向き、1つ1つその目で確認しています。創業110年を超える超大企業のサントリーだからこそ、原料の安全性には徹底してこだわっています。

また大麦若葉と同じくらい野菜のちからがバツグンな明日葉も使用しています。ビタミン類やミネラル類、食物繊維など、かなり豊富な野菜のちからを取れるのは嬉しいですよね。

■ポイント2

独自の研究により着手したケルセチンプラスが野菜のちからをグングン吸収!

「さすがサントリーだな」と思える工夫が、サントリーが独自の研究により着手したケルセチンプラスというポリフェノール。

いくら豊富な栄養をとっても体にしっかりと吸収されなければ意味がありませんよね。サントリーさんは吸収力にも注目して、商品開発をおこなっています。

ケルセチンプラスを配合することによって、野菜のちからの吸収率が通常のケルセチンの120倍にアップ。しっかり体に届けられるから、実感力が違ってきますよ♪

■ポイント3

サントリーはやっぱり「おいしさ」!抹茶と煎茶配合のおいしい青汁!

なんといっても極の青汁の最大の魅力は、とにかくおいしくて飲みやすいこと。

宇治の煎茶と愛知県産の抹茶を配合し、何百回ものテイスティングの末に完成した味わいは、もはやお茶そのもの。従来の青汁らしい青臭さや独特の苦みはゼロで、日本茶のようにすっきりとした飲み口に仕上がっています。

老若男女問わず、おいしく飲める青汁No.1と言っても過言ではないでしょう。

サントリー極の青汁の公式ページはこちら


めっちゃたっぷりフルーツ青汁

★★★

ダイエットにうってつけ!女性に大人気のフルーツ青汁!

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

  • まるでフルーツジュースのような大麦若葉青汁で美味しくダイエット♪
  • 大麦若葉とたくさんのフルーツをうまくブレンドすることで、従来の青汁とはかけ離れたフルーツジュースのようなおいしさを実現しているめっちゃたっぷりフルーツ青汁。
  • なんとリピート率は驚異の97.3%にもなり、多くのダイエットをしたい女性から根強い支持を集めています。
  • 初回たったの680円、30日間の全額返金保証で気軽に試しやすいのも嬉しいですね。
  • 詳細はこちら >>

■ポイント1

大麦若葉が原料のダイエットに特化した女性向けの青汁!

めっちゃたっぷりフルーツ青汁は大麦若葉を主原料に、たくさんのフルーツの栄養や酵素を詰め込んだ青汁。

たくさんの栄養成分で体の内側から調子を整えることで、ダイエット効果を得たり、美肌をつくることを目的として作られています。

できるだけ簡単かつ健康的にダイエットや美容効果を得たい女性には特におすすめですね。

■ポイント2

「え?これ青汁なの?」の声が本当に聞こえるフルーツジュースのような味わい

めっちゃたっぷりフルーツ青汁は商品名が示しているように、本当にフルーツジュースのような味わいが特徴です。最初飲んだ時は「え?これほんとに青汁なの?」と疑ってしまいたくなるほど、青臭さや苦みはなく、代わりにフルーティな香りとフルーツの甘みが広がります

今まで「青汁=苦くてクサい飲み物」だと思っていた方は、その常識を覆されると思います。

■ポイント3

初回限定1ヵ月分680円!30日間の全額返金保証付き!

なんとめっちゃたっぷりフルーツ青汁は初回限定で1ヵ月分を680円で試せます1日1杯約23円という破格のお値段で試すことが可能です。

さらに30日間の全額返金保証までついているのだから、まさに至れり尽くせり。実質無料でお気軽に試せます。

この安さなのであんまり気にならないかもしれませんが「もし何も実感できなかったら嫌だな」という不安があっても安心ですね。

めっちゃたっぷりフルーツ青汁の公式サイトはこちら

大麦若葉青汁選びに迷ったら「大正製薬の大麦若葉青汁」を選べばOK!

大麦若葉青汁はどれも美味しく飲みやすいのが特徴です。実際ランキングを見て「どれも良さそうで迷う…」と思った方もいるのではないでしょうか?

もし迷っているのであれば、ランキング1位の大正製薬の大麦若葉青汁を選べばまちがいありません

大正製薬の大麦若葉青汁キトサン

大麦若葉青汁(キトサン)

飲みやすくするために抹茶を配合していますし、初月から解約できる定期コースは初回1,000円で買えます。

大手の製薬会社がつくっているため、大麦若葉の品質・安全性も問題なし

安全に飲みつつ、しっかりと大麦若葉の効果を実感することができます。

大正製薬の大麦若葉青汁(キトサン)の公式ページはこちら

こだわりポイントで選ぶ青汁ランキング

  • 総合トップランキング
  • 青汁ダイエット(便秘解消)ランキング
  • お試し青汁ランキング
  • 成分で選ぶランキング
  • おいしさで選ぶランキング

 - 大麦若葉青汁

  関連記事

3da77123655c2fcab480410e42261834_s
現在の青汁界のトレンド!大麦若葉青汁の凄い効果とは!?

以前まではケールを使用した青汁が青汁界のトレンドでした。 でも、ケールの青汁はも …