乳酸菌入り青汁で健康効果アップ!乳酸菌の量から効果(働き)まで徹底解説。

腸の健康を保ってくれる乳酸菌。

便秘解消美肌効果など、多くの健康効果で知られています。

乳酸菌といえばヨーグルトというイメージですが、実は青汁には乳酸菌が入った商品があるんですね

今回は乳酸菌入り青汁の健康効果4つと、おすすめの乳酸菌入り青汁を紹介します。

乳酸菌青汁は乳製品と比べても乳酸菌がたっぷり!

乳酸菌入り青汁というだけあって、どれほど乳酸菌があるのか気になるところ。

そこで「乳酸菌入り青汁3つ」と「乳酸菌が豊富な食品」を比較したみました。

乳酸菌量
黒糖抹茶青汁寒天ジュレ
(1杯あたり)
100億個
活きた酵素と青汁 植物性乳酸菌入り
(1杯あたり)
5億個
めっちゃたっぷりフルーツ青汁
(1杯あたり)
1,800万個
ヨーグルト
(100g)
100億個
ヤクルト
(100g)
200億個
キムチ
(100g)
800億個

表からわかるように「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」には、ヨーグルトと同量の100億個もの乳酸菌が含まれているんですね。

 

キムチには青汁の8倍の乳酸菌が含まれていますが、毎日食べるとなると現実的ではないでしょう。

またヤクルトには糖分が多いので、ダイエット中だと飲むべきではありません。
ヤクルト1本あたり角砂糖2個分の糖分が入っています。

毎日飲むことを考えれば、青汁がもっとも手軽に乳酸菌が摂れます

乳酸菌100億個配合「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」の詳細をチェック!
※タップ・クリックするとページ下部へスクロールします。

青汁は乳酸菌だけでなく、野菜の栄養もサポートできます♪

乳酸菌入り青汁は、乳酸菌だけでなく野菜の栄養が摂れるのもポイントの1つ。

ヨーグルトやヤクルトは乳酸菌がメインですが、乳酸菌入り青汁はバランスよく栄養補給ができるんですね。

そして青汁の代表的な原料である、ケールの栄養価がこちら。

ケールの栄養価
(100gあたり)
野菜との比較
ビタミンC 241mg 約レモン4個分
ビタミンA 19,100μg 約ほうれん草5束半分
ビタミンE 18.6mg 約かぼちゃ1個半分
カルシウム 2,180mg 約牛乳パック2本分
マグネシウム 409mg 約納豆8パック分
食物繊維 31.3mg 約キャベツ1玉分

表を見て分かるように青汁の原料は、普段食べている野菜の栄養を大きく上回っています

毎日コンビニ弁当ばかりで野菜が足りていない人にも、乳酸菌入り青汁はオススメです。

乳酸菌入り青汁に期待できる4つの効果!

乳酸菌入りの青汁は「乳酸菌のはたらき」と「青汁のはたらき」を一片に実感できます。

それによって期待できるのが以下の4つの健康効果です。

乳酸菌入り青汁で期待できる効果
  • 便秘解消
  • 美肌効果
  • ダイエット効果
  • 免疫力アップ

1.【便秘解消】乳酸菌でポッコリお腹を改善♪

乳酸菌といえば、便秘を解消するはたらき

乳酸菌が腸の壁を刺激することで、腸のぜん動運動(※)が活発になり便通がスムーズになります
※ぜん動運動とは腸が便を押し出そうとする運動のこと。

 

また青汁がもつ食物繊維もポイントです。
食物繊維には水を含む性質があり、腸内で固くなった便に水分を与えて柔らかくします

  • 乳酸菌⇒腸のぜん動運動を活発にする
  • 青汁⇒固くなった便を柔らかくする

上記のような2つの作用で、効果的にガンコな便秘を解消へ導いてくれます。

2.【美肌効果】乳酸菌が悪玉菌を減らすから、美肌ケアができる♪

乳酸菌は、肌トラブルの原因である悪玉菌を減らしてくれます

悪玉菌は毒素をだして、カラダの中から肌へダメージを与える菌
そのため悪玉菌が多いと、どんなにケアを頑張っても肌トラブルが起きてしまいます。

つまり乳酸菌で悪玉菌を減らせば、カラダの中から美肌ケアができるということ。

  • ビタミンA…シミ・そばかすの原因成分を減らす
  • ビタミンC…コラーゲンの素になる
  • ビタミンE…加齢による肌荒れを防ぐ

青汁には上記のような美肌づくりに欠かせないビタミン類がたっぷりあります。

乳酸菌入り青汁はキレイを保ちたい人にもうってつけです。

3.【ダイエット効果】乳酸菌と青汁のパワーで太りにくい体づくり♪

乳酸菌には腸のなかの「脂質の吸収力をアップさせる菌」が増えるのを防ぐはたらきがあるんですね。

そもそも腸のなかには、

  • 脂質の吸収を抑える菌(ヤセ菌)
  • 脂質の吸収力をアップさせる菌(デブ菌)

という2つの菌がいます。
人よりも食事量は少ないのにすぐ太るのは、デブ菌が多いからです。

 

また青汁にも「代謝をあげる酵素」や「脂質や糖質を絡めとる水溶性食物繊維」があります。

上のように、痩せるために必要な成分をいっぺんに摂れるのは大きな魅力。
乳酸菌入り青汁なら、太りにくい体づくりが期待できます。

4.【免疫力アップ】乳酸菌で丈夫なカラダづくり!花粉症の緩和にもいい?!

乳酸菌は上述の「善玉菌・デブ菌を減らす」というはたらきからわかるように、腸内をキレイにする成分。

実は腸内環境がよくなると、免疫力がアップするんですね。

そもそもカラダの免疫に関わる細胞の6割以上が存在しているのが腸。
腸がキレイになれば、免疫細胞が活発に活動しはじめます。

 

青汁の食物繊維にも腸をキレイにするはたらきがあるので、しっかりと免疫細胞をサポートできます。

「最近すぐ風邪を引いてしまう」
このような人は免疫細胞のはたらきが鈍いっている可能性大です。

 【免疫力アップで花粉症を緩和できる】

乳酸菌の腸内をキレイにするはたらきによる、免疫力アップは花粉症対策としても注目されています。

乳酸菌によって免疫力が高まることで、花粉症などのアレルギー症状を防ぐことが期待できます

しかも近年では、乳酸菌入りの薬などで花粉症を緩和する療法もされているほど。
(参考:厚生労働省 花粉症の民間医療について)

酷い花粉症に悩まされている人は、乳酸菌入り青汁で乳酸菌を摂りましょう。

乳酸菌入り青汁を飲むタイミングは?

乳酸菌入り青汁で効果を早く実感するなら、夕食前に青汁を飲んでください。

1日のなかで腸がもっとも活動するゴールデンタイムが22~2時
また青汁の栄養がカラダに吸収されるには3時間かかります。

つまり夕食前に青汁を飲めば寝るまでには乳酸菌が腸に働きかけてくれます

青汁の効果を早く感じたいという方は、しっかり正しいタイミングで飲むことが大切です。

【青汁ちゃんイチオシ!】黒糖抹茶青汁寒天ジュレ(興和新薬株式会社)

青汁ちゃんが紹介している乳酸菌入り青汁の中でも、特にオススメなのが「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレのパッケージ

青汁もジュレで食べられる時代なんですね…!

黒糖抹茶寒天ジュレの中身

黒糖と抹茶配合で和菓子のようなおいしさ

黒糖抹茶青汁寒天ジュレのココがオススメ!
  • 乳酸菌100億個配合
  • 食物繊維たっぷりのクマザサが原料
  • ジェルタイプだから美味しく手軽に食べれる

黒糖抹茶青汁寒天ジュレの最大の注目ポイントは、乳酸菌100億個が配合されていること。
たった1本でヨーグルト1食分が摂れる青汁です。

また腸をキレイにしてくれる、

  • 食物繊維量がキャベツの50倍のクマザサ
  • 善玉菌を増やすオリゴ糖

といった素材をブレンドしています。

しかもジェルタイプなので、封を開けてツルンっと食べるだけでOK
味も黒糖と抹茶で和菓子のようなので、青汁がはじめての人でも食べやすいです。

これから乳酸菌入り青汁をはじめる人は、お試しする価値ありの青汁です。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレの公式HPはこちら

乳酸菌入り青汁の効果 まとめ

乳酸菌入り青汁なら、たっぷりの乳酸菌バランスの良い野菜の栄養がいっぺんに摂れます。

毎日バランスのとれた食事をしているなら、ヤクルトでもいいでしょう。

しかし一人暮らしで、不規則な生活をしている人は乳酸菌入り青汁がオススメ。
青汁の栄養を摂ることで、効果的に健康をサポートできます。

これから青汁をはじめる人は、乳酸菌入り青汁を検討してみてください。

乳酸菌と野菜の栄養が健康を支える!オススメの乳酸菌入り青汁ランキング♪

こだわりポイントで選ぶ青汁ランキング

  • 総合トップランキング
  • 青汁ダイエット(便秘解消)ランキング
  • お試し青汁ランキング
  • 成分で選ぶランキング
  • おいしさで選ぶランキング

 - 青汁の成分

  関連記事

4accc051c18bc1037c24ee1404e23e43_m
健康にいい青汁!って言っても、副作用・弊害はないの?

野菜をぎゅっと絞っただけの青汁、いかにも体に良い飲み物ですよね。 しかし、青汁に …

c0053863_1711232
青汁に含まれるモロヘイヤ。注目成分ってよく聞くけど一体何?!

青汁で人気の三大野菜は、ケール、明日葉、そしてモロヘイヤです。 しかし、スーパー …

f8e389b3a733db59c53a48d917b6c6e5_m
ミネラルが多く含まれる青汁で、内側も外側も健康的な体に!?

ミネラルってよく聞くけど何?? 青汁にも含まれているけど、ものすごい健康維持に効 …

376234da88d2998ecd97b50f705a82c1_m
青汁を飲むだけでぐっすり眠れる?メラトニン効果?詳しく知りたい!

青汁は、健康を保つ働きがあります。 そして、深い眠りにも効果を発揮するんです。 …

fb9468aeccc71ec76d0c5d1efa148e6d_m
寒い時は青汁をホットで!でも、熱に弱いビタミン栄養素は壊れる?

冬場は特に、暖かい飲み物が恋しくなりますよね。 健康のために飲んでいる青汁も温め …

aojiru-kumazasasyusei2 (1)
青汁の原料「クマザサ」に隠された効果6つの効果!【便秘解消】

健康食品の熊笹茶や熊笹パウダーなどで、クマザサが注目されています。 そんなクマザ …

aojiru-kuwanoha02
青汁の原料 桑の葉にはどんな効果がある?注目を集めている桑の葉の5つの効果!

青汁の原料としてつかわれる「桑の葉」。 この桑の葉が韓国でダイエットに効果がある …

青汁とトマトジュースはどっちが健康にいい!?栄養やカロリーなど5項目から徹底比較!
「青汁orトマトジュース」健康に良いのはどっち?5つの視点で徹底比較!

青汁とおなじくらい有名な健康食品の「トマトジュース」。 ベースとなっているのが& …

クロレラを徹底解説!青汁との違いや効果はいかに?!
青汁にも使われる「クロレラ」を徹底解剖!栄養たっぷりスーパーフードの効果はいかほど?

スーパーフードとして昔から親しまれているクロレラ。 青汁と同じく、不足しがちな栄 …

3eb5e1ad3ef64957ace6c16bc06455bc_m
青汁は長生きの秘訣!その正体はルチン!それって一体何?

高齢になると、子供の結婚、孫の成長が楽しみになり、できるだけ長生きしていたいです …