徹底検証!トマトジュースと青汁の効果を比較!体に良いのはどっち?

トマトジュースと青汁 どっち?

野菜の中でも特に健康効果が期待できるとして有名なトマト。

トマトをふんだんに使用したトマトジュースって美味しいですよね。私も今でもたまに飲むことがあります。

一方、緑黄色野菜の王様とまで言われるケール、そのケールに負けず劣らずの豊富な栄養素を含む大麦若葉・明日葉を原料として作られる青汁。

以前は「青汁=マズイ」というイメージが定着していましたが、最近ではお茶のようにゴクゴク飲める商品も増えました。

ここで突然ですが、最近1つ気になったことがあります。

トマトジュースと青汁…どちらのほうが健康に多くの好転効果を得られるのでしょうか?

どちらも健康マニアの間で高い人気を誇りますが、せっかく健康飲料を飲むのであれば多くの効果を得られた方が良いですよね。

今回はトマトジュースと青汁の違いを徹底検証し、本当に健康飲料として上なのはどちらか白黒つけようと思います。

より多くの健康効果を望めるのは青汁!

青汁は多くの栄養がとれる

先に結論を述べると、明らかに青汁の方が多くの健康効果を期待できます!

これって考えてみれば、もの凄く簡単な話なんですよね。

  • 青汁…多くの野菜の栄養素をふんだんにバランスよく摂れる
  • トマトジュース…トマトの栄養素しか摂れない

多くの野菜の栄養素がブレンドされてバランス良く摂取できる青汁に対し、トマトジュースはトマトの栄養しか摂ることはできません。より多くの健康効果を望むのであれば、より多くの成分が含まれていた方が良いのは明らかです。

トマトジュースでたくさんの栄養がとれない理由。

トマトジュースの落とし穴

実は青汁の方がトマトジュースよりもたくさんの栄養を取れる理由は、単純に使用している原料の数以外にもあります。

その中でも最たる理由が、トマトジュースは「飲みやすさ」を重視した加工食品だということ。一方、青汁は「栄養成分」を重要視し、どれだけ日々不足している野菜の栄養をおぎなえるかを考えて作られています。

冒頭でもお話ししましたが、トマトジュースって本当においしいですよね。私もトマト100%のカゴメのトマトジュースは本当にお気に入りです。

kagome

カゴメのトマトジュース。トマトジュースでは1番有名ではないでしょうか。

でも、よく考えてみてください。トマトを絞っただけであのおいしさが出せますか?どう考えてもあまりおいしくないドリンクができあがるでしょう。

実際にカゴメトマトジュースでもトマトに食塩を加えることで味を調整しているのです。

加えて加熱処理も行われていることがほとんど。

【1缶190g当たりの栄養成分】

エネルギー38kcal
たんぱく質1.6g
脂質0g
糖質7.2g
食物繊維1.3g
ナトリウム210mg
カルシウム13mg
カリウム530mg
ショ糖0g
リコピン19mg
食塩相当量0.5%

上記の表はカゴメトマトジュースの栄養成分表です。トマトの代表的な健康成分であるリコピンをはじめ、様々な成分が並んでいますね。さすが健康に良いと言われるだけあります。

しかし、ビタミン類が一切含まれていないことにお気づきでしょうか?トマトにはビタミンCを初めとするビタミン類も豊富に含まれているにも関わらずです。

これが加熱処理の弊害なんですよね。ビタミン類は熱に弱いものが多いため、加熱処理の段階で死んでしまうのです。

市販されているトマトジュースでも十分に栄養はとれますが、ビタミンも私たちの身体には欠かせません。結局トマトジュースだけでは必要な栄養全てをまかないきれないということです。

 

青汁で取れる栄養素は豊富かつバランスが良い!たくさんの健康効果が期待できる!

青汁で得られる主な効果

一方、青汁はあくまでも「栄養」にこだわり、いっぱいで野菜の栄養をほぼ全て摂取することにこだわったドリンク。トマトジュースのように加熱処理をせず、特殊な製法で野菜の栄養をそのままに粉末化しています。

だから、マズいんですよね。

青汁ブームの火付け役となったCM覚えていますか?「まずい!もう一杯!」のCMです。

何も加工を行わず味を犠牲にしているからこそ、青汁で取れる栄養素はバランスが良く、豊富なものとなっています。

青汁によく使用される3大主原料(ケール・大麦若葉・明日葉)はビタミン類・ミネラル類・食物繊維がバランスよく取れます。1杯で必要な野菜の栄養をまかなえるので、トマトジュースよりもはるかに多くの健康効果を望めるわけですね。

例えば、以下のものが望めます。

  • 美肌効果
  • ダイエット効果
  • 生活習慣病の予防
  • 便秘・むくみ改善
  • 冷え性
  • 妊婦さんに必須の造血効果

たった1杯でこれだけの健康効果を望めるのが青汁なんですね。

⇒栄養成分が豊富・健康効果の高いおすすめ青汁ランキングはこちら

最近はおいしさも手に入れた青汁!

 

青汁は栄養を犠牲にしたからマズイと先ほどお話ししました。

しかし、実は最近の青汁はおいしくなってきています

なぜかというと、マズすぎると誰も飲んでくれなくなることに開発側が気付いたから。確かに一時的にインパクトのあるフレーズで一世を風靡した青汁ですが、そのまずさゆえに辞めてしまう人が多かったんですよね。

だからこそ、今では無理なく続けられるように開発側も試行錯誤を行い、おいしい青汁を作り上げる努力をしています。例えば抹茶や煎茶を混ぜてみたり。なるべくクセのない素材を使ったり。

その努力の甲斐があり、今では本当にお茶のように飲める青汁も増えています。

健康のトータルバランスを考えるなら青汁を取り入れよう!

健康なら青汁

もちろんどちらも人気が高いだけあって、健康に良いドリンクであることは間違いありません。

しかし、健康のトータルバランスを考えるのであれば青汁の方がオススメです。

やはり1日に必要な野菜の栄養がたった1杯で全て取れるというのは大きいですね。それだけ様々な交点効果も生まれますし、健康ドリンクの中では最強と言っても良いのではないでしょうか。

以前はマズイのがネックでしたが、今では美味しく飲める青汁ばかりですしね。

「とりあえず健康な体になりたい!」と思っているのであれば、青汁を生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?

⇒栄養成分が豊富・健康効果の高いおすすめ青汁ランキングはこちら

matome

『トマトジュース?青汁?健康にいいのはどっち?』まとめ

どちらの健康ドリンクも色々な健康効果を期待できます。

ただし、ドリンク1杯でたくさんの栄養を取りたいという方は青汁の方がオススメですよ。

こだわりポイントで選ぶ青汁ランキング

  • 総合トップランキング
  • 青汁ダイエット(便秘解消)ランキング
  • お試し青汁ランキング
  • 成分で選ぶランキング
  • おいしさで選ぶランキング

 - 青汁の成分 , ,

  関連記事

376234da88d2998ecd97b50f705a82c1_m
青汁を飲むだけでぐっすり眠れる?メラトニン効果?詳しく知りたい!

青汁は、健康を保つ働きがあります。 そして、深い眠りにも効果を発揮するんです。 …

c0053863_1711232
青汁に含まれるモロヘイヤ。注目成分ってよく聞くけど一体何?!

青汁で人気の三大野菜は、ケール、明日葉、そしてモロヘイヤです。 しかし、スーパー …

MAX98_jidoriharf20140531500-thumb-1050x700-4962
薄毛も抜け毛もお任せあれ!青汁パワーでふっさふさの髪へ!

M字、てっぺん、おでこなどの薄毛や抜け毛を気にするのは、男性だけではありません。 …

f8e389b3a733db59c53a48d917b6c6e5_m
ミネラルが多く含まれる青汁で、内側も外側も健康的な体に!?

ミネラルってよく聞くけど何?? 青汁にも含まれているけど、ものすごい健康維持に効 …

青汁でアンチエイジング!しわ・たるみを撃退!
青汁のメラトニン効果でアンチエイジング!しわ・たるみを撃退!

  食物繊維やビタミン・ミネラル類が豊富な『青汁』は、健康に良い優れた …

fb9468aeccc71ec76d0c5d1efa148e6d_m
寒い時は青汁をホットで!でも、熱に弱いビタミン栄養素は壊れる?

冬場は特に、暖かい飲み物が恋しくなりますよね。 健康のために飲んでいる青汁も温め …

d5e0844c67018c976d19a2b701348ca2_m
二日酔いで気持ち悪い、食べ過ぎて胃もたれ・・・青汁で治ります!

「あんなに飲むんじゃなかった」 「あんなに食べるんじゃなかった」と後悔したことは …

3eb5e1ad3ef64957ace6c16bc06455bc_m
青汁は長生きの秘訣!その正体はルチン!それって一体何?

高齢になると、子供の結婚、孫の成長が楽しみになり、できるだけ長生きしていたいです …

2cac11ebbb59e0739907d55323b5f0f9_m
製法で決まる!栄養素が高い青汁の見分け方をマスター!

今では色々な所に青汁が売られていますよね。 ドラッグストアなどでよく見かけるのは …

青汁は血圧を下げてくれる優れもの!
血圧を下げるカリウム!でも摂取が大変。そんな時は青汁頼み!

年に1度の健康診断の日。 ドキドキしませんか? 最近は、中年の方だけではなく若い …