【医師監修】青汁おすすめ人気ランキング~青汁ちゃんこんにちは~

トクホの青汁だと何が違う?2つの成分が鍵を握る。おすすめトクホ青汁あり◎

トクホの青汁だと何が違う?トクホ青汁のはたらきに迫る!

CMなどでよく耳にする「トクホ」。
トクホの商品が続々発売され、いまでは身近な健康食品の1つですね。

そんなトクホ認定の青汁も最近では出てきています。

「青汁はもともと健康食品なのに、トクホだと何か違うの?」と思うかもしれません。
青汁のトクホにはどのようなメリットや効果があるのでしょうか。

今回は、青汁のトクホの効果やオススメのトクホ青汁の紹介をしていきます。

- この記事を監修してくれた先生 -

北垣 毅(きたがき たけし)先生

北垣 毅(きたがき たけし)先生

たけしファミリークリニック院長
千葉大学医学部臨床教授

高知大学医学部卒業後、亀田総合病院総合診療科医長や東川口病院総合診療科部長などを経て、現在、たけしファミリークリニックの院長を務める。
「米国家庭医療専門医」や「米国認定救命救急士」などの資格を持ち、幅広い病気に対応する。

「トクホ」は国が認めた健康食品!

トクホは国から保健の効果が認められた食品

特定保健用食品を通称してトクホといいます。
わかりやすく言うと「国の審査に合格して、特定の保健の効果が認められた食品」。

カラダにあたえる効果や、安全性を国が厳しくチェックしています。

トクホに認められる「特定の保健の効果」の例が以下。

トクホを取得しているということは、国から効果を認められているということ。
信頼性も安心感も、そのへんの商品とは比べ物になりません。

私たち消費者からすると、商品を選ぶ大きな基準になるので助かりますね。

青汁のトクホのメリットは?トクホだと何が違う?

トクホのメリットhは「特定の効果がある」こと!ピンポイントではたらきかける

青汁のトクホを選ぶメリットは、ピンポイントで特定の効果が得られることです。

上述にあるように、トクホは国から認められた健康効果の高い食品
だからといって全ての健康に効果があるわけではありません。

「特定の保健の効果」があるのがトクホの特徴。
商品ごとに効果が違うので、自分の目的にあったものを選ぶのがいいでしょう。

青汁のたくさんの栄養素と、トクホの効果がプラスされより高い効果を実感できるのもポイントです。

トクホの青汁はまだまだ数が少ない。

実はトクホの青汁というのはまだまだ多くはありません。

それには以下の2つの理由があるからです。

  • 審査がとても厳しい
  • 費用が高い

費用は高いと1億円以上かかることも…。
どこのメーカーさんでも気軽にトクホの青汁をつくれるわけではないんですね。

そんな状況下でトクホを取得している青汁は「ワンランク上の青汁」と言っても差し支えないでしょう。

トクホの青汁の鍵を握る2つの成分

トクホの青汁は、難消化性デキストリンとキトサンがポイント

トクホの青汁の健康効果のポイントとなるのがこの2つの成分。

難消化性デキストリンは、すべてのトクホのうち約30%の品目に使用されている、トクホには欠かせない存在です。
整腸作用脂肪の吸収を抑えるといった、はたらきがあります。

キトサンはトクホだけでなく、ダイエットサプリなどにも配合されている成分のひとつ。
ダイエット効果だけでなく、コレステロール値を下げるといった健康効果があるのが特徴です。

※この2つの成分が、いっしょに配合されているわけではありません。それぞれに特徴的なはたらきがあるので、目的に合わせて選びましょう。

難消化性デキストリンの5つの効果!脂肪吸収を抑える

難消化性デキストリンが脂肪吸収を抑える

難消化性デキストリンは、トクホの30%の品目で使われている優れた成分。

ここまで選ばれる理由には、たくさんの健康効果があるからなんですね。
その効果がこの5つ。

難消化性デキストリンの5つの効果
  • 腸の調子を整える
  • 脂肪の吸収を抑える
  • 血糖値の上昇をゆるやかにする
  • 内臓脂肪を減らす
  • ミネラル類の吸収を促進

難消化性デキストリンは水溶性食物繊維の一種。
腸や善玉菌のはたらきをサポートしてくれるので、腸にたまった老廃物の排出を促しま

また水溶性食物繊維はゲル状になる性質があるので、糖や脂肪の吸収を抑えることが可能です。

食生活が乱れている人や、メタボが気になる人には効果的な成分なんですね。

難消化性デキストリンは、とうもろこしとジャガイモに含まれるデンプンです。

「難消化性」というとなんだか悪そうなイメージがしますよね。
しかし難消化性デキストリンは熱や酸化に強く健康効果が多彩なことから、さまざまな食品に利用されています。

また添加物ではなく、ただのデンプンなので副作用などもありません

難消化性デキストリンについてもっと詳しく知りたい人はこちらをチェック

【オススメのトクホ青汁】ヘルスマネージ大麦若葉青汁 難消化性デキストリン

※以下で紹介している商品は医師の監修を元に、当サイトの見解でオススメしている商品です。
IMG_4166

トクホ認定!製薬会社の青汁

IMG_4175

お茶のような味わいのドリンク♪

難消化性デキストリンが配合されたオススメのトクホ青汁が、(※)大正製薬さんが販売している「ヘルスマネージ大麦若葉青汁 難消化性デキストリン」。

※あの鷲のマークで有名な大手製薬会社の大正製薬さんです。リポビタンDに1度はお世話になったことがある方も多いでしょう。

九州産の大麦若葉をベースに、難消化性デキストリンをたっぷり配合したトクホの青汁です。

難消化性デキストリンを含む、食物繊維量は1杯あたり5.9g
一般的な青汁は1杯あたり1g~1.5g程度なので、約5倍の食物繊維があります。

お茶のような味わいなので、食事のときのお茶代わりにもピッタリ。
食事と一緒に飲めば、上述にある3つの効果をしっかりと実感できます。

にはオススメのトクホ青汁です。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁 難消化性デキストリンの公式ページはこちら

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁 難消化性デキストリンの詳しいレビュー・口コミはこちら

キトサンの5つの効果!コレステロールを低下させる

キトサンが胆汁酸を吸収して、血中コレステロールを低下させる

キトサンとは、カニの殻などから抽出される食物繊維のこと。

普段の食事からはまったくと言っていいほど摂ることができません
ですので、キトサン配合の健康食品から摂るしかないんですね。

そんなキトサンのたくさんの健康効果が注目され、青汁のトクホでも利用されています。

キトサンの5つの効果
  • 血中のコレステロール値を下げる
  • 血圧の上昇を抑える
  • 免疫力を高める
  • 毒素を排出する(デトックス効果)
  • 腸内環境を整える

なかでも血中コレステロールを低下させるはたらきは有名です。

これはキトサンが胆汁酸を吸収して、便として排出するはたらきによるもの。
※胆汁酸とは、血中コレステロールからつくられる胆汁のことです。
胆汁酸は血中コレステロールをつかって作られるので、胆汁酸が減ると同時に血中コレステロールも減るんですね。

またキトサンには、老廃物やウイルスも吸収する性質があるので、デトックス効果や免疫力アップにも効果を発揮します。

生活習慣が乱れている人にはもってこいの成分です。

【オススメのトクホ青汁】ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン

ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサンのパッケージの様子

トクホ認定!キトサン配合の青汁

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンのドリンクを作ったところ

ごくごく飲める美味しさのドリンク♪

キトサンが配合されたオススメのトクホ青汁が、「大正製薬 ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン」。

九州産の大麦若葉をベースに、キトサンを配合したトクホの青汁です。

キトサンは1杯あたり380mg含まれています。
食事からキトサンは全くと言っていいほど摂ることはできないので、1杯でしっかり補えるんですね。

抹茶がはいっているので、クセのないスッキリした抹茶風味
飲みやすい青汁に仕上がっているので、継続して飲むことができます。

飲みやすさは継続するうえで大きなポイントです。
上述にあるような効果は、継続することで高い効果が発揮されます。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの公式ページはこちら

大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサンの詳しい口コミ・レビューはこちら

トクホの青汁のまとめ

トクホに認定されているからといって、どんな健康にも効果があるわけではありません。

トクホのメリットは、「悩みをピンポイントで解消できる」ことです。
自分の目的にあったものを選ぶことで、効果を最大限に実感できます。

もし「普通の青汁だと、あまり効果がない」と感じるなら、今回紹介したトクホの青汁を参考にしてみてください。

トクホの青汁なら、健康の悩みがちゃんと解消さるかもしれません。

こだわりポイントで選ぶ青汁ランキング

スポンサーリンク

 - 青汁の効果・効能を徹底解説,

 関連記事

思わず青汁生活を始めたくなる!?青汁に期待できるたくさんの効果とは?
思わず青汁生活を始めたくなる!?青汁に期待できるたくさんの効果とは?
今では健康ブームが沸き起こっており、多くの人が健康に気を使うようになりました。
PREV
青汁の原料「ゴーヤ」の効果とは?ゴーヤ青汁の5つの効果!おすすめ青汁あり
NEXT
青汁×豆乳で簡単ダイエット!豆乳割りの5つの効果。疑問をQ&Aで解説◎