【医師監修】青汁おすすめ人気ランキング~青汁ちゃんこんにちは~

ケール青汁が冷え性改善に効く!冷え性に効果的な5つの成分を解説!

青汁は冷え性改善に効く飲み物!体が冷えるときは青汁を温めてもOK?7割の女性が抱える悩み「冷え性」。

冷え性改善にいい飲み物としては生姜湯などがありますが、実は青汁もオススメです。

そして冷え性改善を目的とするなら、ズバリ「ケールが主原料の青汁」を選びましょう。
ケールには冷え性にいい成分が5つも詰まっています。

今回は青汁の冷え性改善のはたらきを解説するので、手足先がいつも冷えている人は目を通してください。

冷え性を改善するにはどうしたらいいの?

冷え性のおもな原因は血行の鈍りです。

そもそも体温は筋肉の震えで発生し、血液によって体中に体温が伝えられます。
血液の流れが滞ると、全身に熱が伝わらなくなるというわけです。

カラダに熱を伝えるために必要なことが以下の4つ。

  1. バランスのいい食生活を心がける
  2. 貧血対策をする
  3. 毎日しっかり睡眠をとる
  4. 適度な運動をする

上記内容のとおり、冷え性を治すには”規則正しく適度な運動をする生活”が大前提です。

冷え性に効果的なケール青汁の5つの成分を紹介!

上述のとおり冷え性を改善するなら、運動を取り入れた規則正しい生活へ見直さないといけません。

しかしそのような生活習慣の見直しをせずとも、冒頭で述べた「ケール青汁」なら飲むだけで冷え性改善が期待できます
ケール青汁には以下の5つの冷え性に効く成分があります。

冷え性に効果的なケール青汁の5つの成分
  • 葉酸…血液を作って体を温める
  • 鉄分…筋肉を活発にして体温を保つ
  • ビタミンE…血行を良くして体温を上げる
  • ビタミンB1…自律神経を正して体温調節機能を正常にする
  • ビタミンB6…ホルモンバランスの乱れを正して血流をスムーズにする

【「青汁でカラダが冷える」ってホント?】

「青汁を飲むと体が冷える」という口コミがネットにはありますが、これは半分ウソで半分ホント

青汁の代表的な原料である、ケールと大麦若葉にはカリウムがたくさん含まれています。
カリウムには利尿作用があり、尿とともに体温も放出

そのため人によっては冷えを感じるということです。

しかし冷えるといっても青汁を飲んだ直後だけなので、長期的に飲めば以下で紹介する成分が冷え性を改善してくれます。

1.【ビタミンE】血管を広げてカラダの末端にも体温を届ける!

カラダの血行をよくしてくれるのがケールのビタミンEです。

ビタミンEのはたらきが以下の2つ。

ビタミンEは血管を広げる作用があるので、手足など血管が細い末端でもスムーズに血を運べるようになります。

また血中コレステロールの硬化を防ぐので、血流不足も防止してくれます。

ケールにはレタスの8倍のビタミンEが含まれているので、手足先などの末端冷え性に効果大です。

2.【葉酸】血液を作って冷え性を改善に導く!

貧血は冷え性の大きな原因のひとつ。

体温は血液によって伝えられているので、血液が減ってしまうとそのぶん体温が下がります。
特に女性は生理や妊娠で血液が不足しがちなので、男性よりも冷え性になりがち。

そこで必要になるのが青汁に多く含まれる「葉酸」です。

葉酸は血液を作るはたらきがあるので、貧血による冷え性の改善に効果的
葉酸によってたくさんの血液が作られると、体温がカラダの隅々まで伝わるようになります。

「貧血」「冷え性」この2つのワードに心当たりがある人は、ケールの葉酸を摂りましょう。

青汁の原料のケールには、ブロッコリーと同量の葉酸が入っているのでしっかりサポートできます。

3.【鉄分】筋肉の活動をサポートしてカラダに熱を伝える◎

青汁の鉄分は、カラダの体温を保つのに欠かせない成分です。

体温そのものを発生させているのは「筋肉」。
筋肉が活動するために必要な成分が鉄分です。

しかし鉄分は体温維持に欠かせない成分にもかかわらず、ほとんどの人が十分に摂取できていないのが現実…。

鉄の充足率引用:太陽化学株式会社

上は「1日の鉄分量がどれだけ不足しているか」を表したグラフです。
グラフから分かるように、女性の場合だと70代以外は鉄分が摂れていません

しかしケールならほうれん草と同量の鉄分量があるので、日頃の鉄分補給には最適です。

ケール青汁を摂って、カラダの中から熱を作り出しましょう。

【ビタミンCを摂れば鉄分の吸収率がアップする!】

鉄分と一緒に摂りたい成分が青汁のビタミンC

ビタミンCは鉄分の吸収率を6倍アップさせるので、より多くの鉄分をカラダに取り込めます。
実は鉄分は食事で摂っても、全体の10%しか吸収されません。

青汁の原料のケールにはレモンの5倍のビタミンCが入っているので、鉄分サポートにピッタリです。

4.【ビタミンB1】自律神経を正して体温調整機能を整える

ケールの持つビタミンB1には、自律神経(※)を正常にするはたらきがあります。
※自律神経とは消化といったカラダの働きに作用する神経です。

自律神経は血流をコントロールしているので、自律神経が乱れると血行が悪くなる原因に…

自律神経の乱れを引き起こすのが以下。

上記のように日々の生活のなかで簡単に自律神経は乱れます。

ケールにはキャベツの10倍のビタミンB1があるので、自律神経を安定させれます。

5.【ビタミンB6】ホルモンバランスを正して血流をスムーズに♪

ホルモンバランスを正常に保つのがビタミンB6
ビタミンB6は女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」の生成を支えています。

エストロゲンは血管の収縮に関わっていて、体温維持には欠かせません。

ホースを使って、お湯を遠くに届けるイメージしてください。
お湯が暖かくても押し出す力がなければ、お湯は流れません。

同じように「エストロゲン=押し出す力」が「血液=お湯」を遠くまで届けるイメージです。

ビタミンB6がエストロゲンを生成すれば、体の隅々まで血液がとどいて体温を保持

ケールにはほうれん草の2倍のビタミンB6が入っているのでしっかり補えます。

冷え性改善以外のケール青汁の効果・効能は下記ページでまとめてあります。
青汁の原料「ケール」の効果8選まとめ!飲みやすいおすすめケール青汁あり◎

青汁を温めるのはNG!ホットだと栄養が失われる可能性大

寒い冬などは青汁を温めたいという人もいると思いますが、、青汁を温めるのはオススメしません

青汁の葉酸や酵素といった一部の成分は、熱に弱い性質があります。
つまりホット青汁にすることによって、通常よりも栄養価が下がる可能性があるということ。

どうしても青汁を温めて飲みたいのであれば、35℃前後の人肌程度の温度にしてください。

人肌程度のぬるま湯なら、栄養素が失われにくいです。

青汁で冷え性改善 まとめ

青汁は冷え性対策にいい成分が5つも入った飲み物でした。

毎日運動をして血行をよくして冷え性改善に努めるよりも、青汁を飲むだけの方が断然ラクチン。

そしてもし冷え性の人が青汁を飲むなら、今回紹介のようにケール青汁がオススメです。
“緑黄色野菜の王様”と呼ばれるケールで、冷え性知らずの健康的なカラダ作りをしていきましょう。

【冷え性改善に効果を発揮!】オススメのケール青汁ランキング♪

こだわりポイントで選ぶ青汁ランキング

スポンサーリンク

 - 人気青汁ランキング

 関連記事

青汁で便秘解消できるの?毎朝どっさりを実感したい!
青汁で便秘解消できるの?毎朝どっさりを実感したい!
あーーーーー!お腹が痛いーーー!! 床にはいつくばって腹痛に悩まさ
PREV
暴飲暴食を翌日リセットする改善方法まとめ!太る・むくみ・脂肪蓄積を防止!
NEXT
お腹をへこませるなら、まず便秘解消!腹筋より手軽にできるポッコリお腹解消法教えます。