【医師監修】青汁おすすめ人気ランキング~青汁ちゃんこんにちは~

寒い時は青汁をホットで!でも、熱に弱いビタミン栄養素は壊れる?

青汁は温めるとビタミンが失われてしまう

冬場は特に、暖かい飲み物が恋しくなりますよね。

健康のために飲んでいる青汁も温めて飲みたい・・と思っている方は、ちょっと待って下さい!

青汁を温めてはいけません!

なぜ?この理由について、見ていきましょう。

青汁は温めちゃだめ?何で?

青汁には、様々な栄養素が含まれています。

特に、ビタミン類やミネラル類が豊富に含まれているのが、青汁の大きな魅力でもあります。

ですが、これらの成分酵素などは熱に非常に弱いのです。

青汁に含まれる魅力的な成分は非常に熱によわい

青汁を温めると、摂取したい栄養素のほとんどが破壊されてしまいますので、ただの飲みものになってしまうのです。

また、ビタミン類は空気に触れることでも減少してしまいます。

作りたてを加熱しないですぐに飲むことが、野菜の栄養を減らさないで摂取することにつながります。

冷凍青汁は、解凍すると意味がないという事??

冷凍の青汁を加熱で解凍。

上記の話しが本当ならばこれって意味がない!と思った方も居ると思います。

 

間違いありません、正解です。

しかし、正しく解凍すれば冷凍青汁もしっかり効果があります。

 

まず、電子レンジにかけたり、お湯につけると、ビタミン類やミネラル類、酵素などの成分が破壊される恐れがあります。

そのような解凍法は避けるようにしましょう。

冷凍タイプの青汁は自然解凍がベスト

一番良いのは、飲む時間の数時間前に、自然解凍することです。

冷凍庫から出すのを忘れた!もしくは今すぐ飲みたい!という時は、常温の水に袋ごと浸けておきましょう。

10分ほどで解凍させることができます。

電子レンジなどに解凍機能が付いたものもありますが、部分的に温度が高くなることもありますので、利用をお勧めできません。

どうしても冷えた青汁が飲みにくい人にはコレ!

解凍してすぐの青汁を飲むと、ちょっとお腹がひんやりした感じがします。

ですが、青汁に主に使われるケールやホウレンソウ、小松菜などは、体を温める野菜ですので、すぐに熱を出すようになります。

ひんやりした感じがなんとなく気持ち悪いと言う人は、人肌程度に温めることも可能です。

どうしても冷えた青汁が飲みにくい人は人肌程度の生ぬるいお湯で飲もう

ビタミンCは60度以上で破壊されやすくなりますので、人肌程度の生ぬるいお湯でしたら、そこまで破壊されません。

青汁そのものを温めることには抵抗のある人は、少し温めた豆乳やミルクなどと割って飲むことがお勧めです。

飲みやすさがアップするだけでなく、少し温めることで消化と吸収が格段に良くなります。

 

matome

『青汁をホットで飲みたい!温めても大丈夫?』まとめ

60度以下でも、温めた豆乳やミルクと混ぜて飲む場合は、混ぜたらすぐに飲みきるようにしましょう。

青汁に含まれるビタミン類やミネラル類、そして酵素などは、空気に触れる時間が長くなると酸化して破壊されます。

混ぜてすぐに飲むことで、風味もよくおいしく飲むことができます。是非、試してみて下さい。

こだわりポイントで選ぶ青汁ランキング

スポンサーリンク

 - 青汁の効果・効能を徹底解説, 青汁の成分,

 関連記事

乳酸菌入り青汁で健康効果アップ!乳酸菌の量から効果(働き)まで徹底解説。
乳酸菌入り青汁で健康効果アップ!乳酸菌の量から効果(働き)まで徹底解説。
[imgJUMP_a href="#osusume" text="オススメの乳酸
PREV
青汁を飲むだけでお肌が綺麗に!内側から本物の美しさを手に入れる!
NEXT
青汁に含まれるモロヘイヤ。注目成分ってよく聞くけど一体何?!