睡眠効果あり?!寝付き、寝起きが悪い人も青汁がオススメ!

「疲れているのに眠れない」

「布団に入って秒で寝れる人が羨ましい」

このような思いを方はたくさんいらっしゃると思います。寝ようと思えば思うほど、逆に寝れなくなってくるものですよね。

私も同じタイプでいつも寝付くのは深夜、起きるのは会社に遅刻する時間ギリギリ。もちろん仕事中は物凄く眠いという状態が続いていました。

しかし「青汁」を飲み始めてからは睡眠生活が一変。快眠とすっきりした目覚めを手に入れています。

そこで今回は以前の私と同じように睡眠で悩んでいる方たちに向けて、青汁と睡眠の関連性について語っていきます。

ケール青汁にはメラトニンが豊富!

IMG_3910

一口に青汁といっても様々な種類があることをご存知ですか?

大雑把に原料で分けると「ケール青汁・大麦若葉青汁・明日葉青汁」という3つにカテゴライズされます。この中でも睡眠に大きな効果を期待できるのが「ケール青汁」

その理由として、ケールには睡眠を促すホルモン「メラトニン」の含有量が多いことが挙げられます。

ケール 4,300ng
オート麦 180ng
とうもろこし 139ng
お米 100ng
カイワレ大根 86ng
しょうが 58ng
バナナ 46ng

※可食部100gあたりのメラトニン含有量

メラトニンが豊富に含まれている食材を比較してみましたが、ケールが圧倒的に豊富なのは誰の目にも明らかですね。では、どうしてメラトニンが睡眠と関係があるのかもう少し掘り下げてみましょう。

メラトニンと睡眠の関係性!加齢に伴い眠れなくなる仕組みの真実

体内時計」という言葉は耳にしたことがありますよね。これは実際に人の身体に備わっている機能で、生活習慣によって確立されていくものです。

たまにふざけて「俺の腹時計が鳴ってるから、そろそろ夜ごはん食べないとなぁ」みたいなことをいう人がいませんか?あれってわりと正確な情報で、その人の体内時計が確立されている証拠なんですよ。

体内時計は睡眠にも深く関わっていて、夜になると自然な眠りを導きます。そして朝に覚醒すると、体内時計はリセットされて再び夜になるまでいつもと同じリズムで刻まれるのです。

この体内時計に働きかけることで睡眠と覚醒の切り替えをスムーズにする役割を持つのがメラトニン。「睡眠ホルモン」と言われる所以はここにあります。

メラトニンは光の加減で分泌量が変化する!

e12f5e6c2052dca4b1b4c754b8e78ea5_s

メラトニンの分泌量は「とあるもの」に左右されています。メラトニン量を調節するもの…それは「」。朝や昼間など太陽光が降り注いでいる時間帯には分泌量が少なく、夜になると分泌が抑えられます。

より詳細に時間帯で表すと、21時頃からメラトニンの分泌が始まり、0~3時にピーク、そして6時に分泌量が抑えられるという感じですね。快適な睡眠をとれている方のほとんどが、このような体内時計が確立されており、メラトニンの分泌も正常に行われています。

しかし、夜でも強い照明を浴びている方は要注意。主に夜更かしする習慣が身についている方です。

夜中に強い照明を浴びてしまうと、体内時計の感覚が狂います。夜更かししている人自身は「今は夜だ」という意識を持っていたとしても、身体は光を浴びることで「昼だ」と勘違いしてしまうのです。もちろんメラトニンの分泌も抑えられて「睡眠」への切り替えが行われません。

この習慣が体内時計として確立されてしまうために、睡眠の習慣を再び正常なサイクルに戻すのが難しくなるのです。だからいざ寝ようと思っても寝れない日々が続くようになってしまうんですよね。

メラトニンは加齢でも減少する!

604d99122553e0ff1c1ef5aea24c33db_s

年を重ねると急に早起きできるようになったとか、眠りが浅くなったという方はいませんか?私も子どものころは自分の親を見て「どうして寝ててもパッと目を覚ましたり、毎日決まって早起きできるんだろう?」と疑問に思ったものです。

もちろん仕事で絶対に起きなきゃいけないというのも大きな理由の1つだと思いますが、実はこの習性にはメラトニンも関わっています。

というのも、メラトニンは加齢とともに分泌量が減少してしまうから。驚きですが、10歳をピークにそれ以降は下り坂です。

でも、これって私たちに当てはめれば良く分かりますよね。

  • 小学生⇒ほとんど毎日決まった時間に寝て起きていた。
  • 中学生・高校生(思春期)⇒徐々に夜更かしを覚え始める。
  • 大学生⇒完全に昼夜逆転する方も。夜行性。
  • 社会人⇒寝ようと思っても寝れない。すぐに目が覚める。

だいたい睡眠に困っている方はこのパターンに当てはまるのではないでしょうか?ちなみに私はドンピシャで当てはまっていました。確かに中学生の思春期あたりから徐々にメラトニン量が減ってくるのも分かりますね。

ついつい夜更かして体内時計が狂ってしまうのも加齢でメラトニンが減ったきたせいだと考えれば、解決策は1つ。メラトニンを外から摂取して、再び「覚醒」と「睡眠」の切り替えをスムーズにしてあげるしかありません。

ケール青汁でメラトニンを増やして快適な睡眠を手に入れよう!

メラトニンの分泌量を増やすのに役立つのが上述したケール青汁です。ケールとその他の食材を比較したときに、メラトニンの含有量は圧倒的にケールが高かったですよね。

しかし皆さんが快適な睡眠を取り戻すために、適当にケール青汁を選ぶと失敗する可能性のほうが高いでしょう。ケール青汁は苦みと青臭さが酷すぎて、よほど耐性のある方でないと継続して飲み続けることが難しいからです。

そこで当サイトで一押しの、ケールを原料としながらも手軽に飲める青汁を紹介します。

IMG_3065

それが「ステラの贅沢青汁」。

画像を見ればすぐにわかりますが、ドリンクタイプではなく珍しい粒タイプの青汁です。この1粒1粒がケールを丸ごと濃縮したものなので、栄養価はバツグン。効率的にメラトニンを摂取することができます。

また、粒タイプなので口に放り込んだ後に水で流し込むだけでOK!サプリメント感覚で、ケールの苦みや青臭さを一切気にすることなく無味で飲むことが可能です。青汁が嫌い・毎日ドリンクを作るのがめんどくさい方でも、サプリなら手軽に続けられるのでオススメですよ♪

ぜひステラの贅沢青汁で快適な睡眠を取り戻すサポートをしてみてはいかがでしょうか?

ステラの贅沢青汁の公式ページはこちら

matome

『青汁を飲むと眠くなるのはメラトニン作用!』まとめ

質の良い眠りは疲労回復やストレス軽減だけでなく、美容など全ての健康の基礎となるものです。

体内時計が狂っていたり、加齢でメラトニンが減少している方は外から摂取して補ってあげましょう。そんな時に手軽に摂取できる青汁があれば、グッと快眠を取り戻す近道になりますよ♪

こだわりポイントで選ぶ青汁ランキング

  • 総合トップランキング
  • 青汁ダイエット(便秘解消)ランキング
  • お試し青汁ランキング
  • 成分で選ぶランキング
  • おいしさで選ぶランキング

 - 青汁の効果・効能を徹底解説, 青汁の成分 ,

  関連記事

青汁で疲労回復!抵抗力・免疫力UP!
青汁で疲労回復!抵抗力・免疫力UP!

平日は馬車馬のように働き、休日は泥のように眠る。 そんな生活を送っていませんか? …

85be7d97baf3e0599a91c51ccbfeef83_m
足が腫れて歩けない!痛風に青汁は効果はあるの?

足をハンマーで殴られたかのような激痛!痛すぎて立てない・歩けない・動けない! 風 …

7611
青汁に含まれるマグネシウム!健康を保ってくれるすごい役割がある?

青汁にマグネシウムが含まれている? そもそも私達の体にマグネシウムって必要なの? …

f8e389b3a733db59c53a48d917b6c6e5_m
ミネラルが多く含まれる青汁で、内側も外側も健康的な体に!?

ミネラルってよく聞くけど何?? 青汁にも含まれているけど、ものすごい健康維持に効 …

青汁にはデトックス効果あり!老廃物を排出してくれる
パンパンにむくんだ体に◎青汁にはデトックス効果あり!老廃物を排出してくれる

体内の不要なものを排出する『デトックス』 美容と健康には、必要不可欠な事ですよね …

青汁は血圧を下げてくれる優れもの!
血圧を下げるカリウム!でも摂取が大変。そんな時は青汁頼み!

年に1度の健康診断の日。 ドキドキしませんか? 最近は、中年の方だけではなく若い …

6e3653713ebbf1cee9925f67e89f22fa_m
青汁の効果を上げる事ができるの?あるなら知りたい!

健康にも美容にも良い青汁。 さらに効果をUPさせる方法があるの? そんな事、ある …

5363d2e4008556f6b798e9bf41ad5a9e_m
青汁と納豆の組み合わせが無敵だった!その驚きの効果とは?!

青汁を飲むだけでも、健康的な生活を送ることができます。 ですが、納豆を一緒に食べ …

376234da88d2998ecd97b50f705a82c1_m
青汁を飲むだけでぐっすり眠れる?メラトニン効果?詳しく知りたい!

青汁は、健康を保つ働きがあります。 そして、深い眠りにも効果を発揮するんです。 …

f05061a65c23024173ad5b73742554a5_m
青汁に年齢制限はある?乳児・子供・お年寄りへのリスクは?

青汁が大人にとって、体にとっても良い飲み物という事は間違いありませんね。 しかし …